羽をつけた “HOOCHI & arudo”

約18年前・・・
HOOCHI & arudoの原点。










セミストロッツォ(リードとカラー)との出会いが、
イタリア・ミラノのDog-shopにありました。

訂正分1  訂正分



ここから・・・



注)左側のおっきな頭はわたし。

人と犬達とのさり気ない関係。
パートナーとして、生活を共に過ごす犬達。
普通に・・・ 
あたり前の如く・・・
社会が受け入れる文化。
それが、ヨーロッパだったのです。

ただし、その為に必要な 
犬達への "教育" はパーフェクトでした!

そんな経験が、Dog goods誕生のきっかけとなったのです。

17年前、北野異人館倶楽部の2F。
スタートは " BARKS " 誕生と共に。

naoko7 

その当時のハガキです!

naosan blog

BARKSと犬の首輪。
こうして "HOOCHI & arudo" の前身が始まりました。

BARKS店内を傍苦無人に歩き回るフーチ
naoko9

静かで、大人なムードをかもし出すアルド
naoko8

そして、しばらくしてから
"HOOCHI & arudo " として独立。

naoko6

中2FのSHOPへ移転。

naoko5

お店の看板犬として、毎日のように出勤。

訂正分3

大切なお客様であるワンchanが来店する度に(特にフーチ!)
ワンワカ!ワンワン!!ワンワカ!ワンワン!!
吠えるばっかりで・・・・
役立たずの2匹でした。

完全にしつけに失敗。
naosan illustration



naoko4

2匹が9才を過ぎた頃、現役を引退。
迷惑犬が去り、穏やかな日々がはじまりました。



そして
2010年 三ノ宮へお引越。
HRMとの共存がスタート。

012

Dr. Dolittle. 女性版 鄭先生。
SHOPの顔です!!


フーチ14才で天国へ。
そしてアルドの他界(18才と8ヶ月)と共に
"HOOCHI & arudo" の歴史に幕を下ろすこととなりました。
現在、なつかしい子達も続々と来店してくれています。
みんな、高齢犬になっちゃってて〜


心に刻む 顔と、 顔と・・ 顔と・・・・

サヨナラ


"HOOCHI & arudo "

naoko3


カナカナ とヒグラシが鳴き始めた
この2014年 8月の夏


Period.