シャツのパーセンテージ

タイトなレーススカートに合わす時の
白シャツの約束事。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

女性らしさを強調しすぎないように
やらしくなりすぎないように
肌見せには、気をつけてね。

あえてボタンは一番上まで留める。
袖はめくりあげない。
・・・でも暑くなったらお任せします!

きちんとしたプレスが◎

スソはinに!

image-1

とっても大切な事。




ボリュームスカートをシャープに見せる
白シャツの技。
「コンパクトにまとめる」

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

上半身を小さくタイトに見せる為には、
袖をまくることで、ボリューム感を減らせます。

ボタンは、第2ボタンまで開けて
Vゾーンを作ります。

トップスとボトムス
対比するバランスが生むシャープな着こなし。

写真 4

スカートには、シャキッとハリ感のある
コットンの白シャツで〜。




白いシャツで
リッラクスモードのデニムスタイル。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

one washedのダークブルー色の
レギュラーストレートデニムに、
合わせる春気分の「Linen」の白シャツ。

ラフさと、洗いざらし感がたまらない。
ボタンは第2から第3まで開けて。

大人の裾だしはそのままストンっとオーバーで。

デニムって一番ウエストから少しはみ出す
 "ふんわりちゃん"が気になるボトムですよね。

それは気づかれちゃダメ!!

image

ストンっと外出しね 🙂




白いシャツと
ジャージパンツで女っぽいカジュアルを。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

とろみ感のある白いシャツをチョイス。

第3ボタンまで開けたinには、
タンクトップを入れて見え過ぎ感にご注意を!

腰ではくジャージの「ゆるパンツ」には
前の裾をチョイ入れして
後ろはそのまま外出し。

気になるヒップラインが隠れて
前から見ると、脚長スッキリ効果。

写真 1

こんなラフな着崩し方がオススメ!



シャツってもともとメンズから派生したアイテムだから・・・
パンツとコーディネートする時は
unisexな着こなしってカッコ良い。

でも、スカートと合わせる時は
緊張感を持って、女性らしく着たいもの。


「HRMに並ぶシャツのこだわり」

上品な色気は
メンズのBasicパターンから。