蚊取り線香とペントハウス

なぜ、今回蚊取り線香をテーマにしたかというと….

昔飼っていた愛犬のシェルティーが部屋の中でお留守中に蚊にさされないように、ベープを炊いてました。

それが二日後くらいして…..

いつもの通り夜帰宅したところ、なんと!!

愛犬の鼻から濁った緑色の液体がダラ〜っと出ていたのです!!

すぐ薬品のせいだと感じて、中止!

それ以降

私の蚊取り線香生活がスタートしたのです。

15年前、出張でイタリアに行った時

お呼ばれしたペントハウスのお庭でね、初めてイタリアの蚊取り線香ってものを目にしたの…..

オレンジや、イエローのものがあって

 

黄色がレモングラス

テラコッタ色がゼラニウム

日本の緑の蚊取り線香しか知らなかった私はまたまたびっくり!

イタリアってすごいなぁ〜!!!

ますますナチュラルっていいな〜….

ここから、私のハーブに対するこだわりがスタート。

日本の蚊取り線香は「除虫菊」

このブログを書くのに改めて調べてみました。

発祥の地は地中海セルビア。

それをアメリカの人が日本に苗を持ってきて、瀬戸内海で栽培が始まりました。

みんなが知っている渦巻状の蚊取り線香って日本人が発明したのよ。

日本人もすごーい!

天然除虫菊、ピレスラムはベージュ色なんです。

ずっと使っていたのに最近は近くのスーパーに売ってないの!

ショック 。。。

仕方ないから今は緑色。

近日中にどうにかして手に入れようと、考えている私であります。

そろそろabout fashionに戻らなくちゃ!

洋服に使われているインディゴも実はハーブなんですよ。

なんでここからブルーになるの?

不思議。。。。。。。。

その代表的なアイテム、それが

みんなが大好きな デ・ニ・ム ♪

次回はデニムのコーディネート♪

To be continue….

足元ヌードカラーでお洒落に♪

こんにちは〜、H.R.Mの野津直子です。

この度、お恥ずかしながらブログを始めることになりました〜♪

ファッションや、ライフスタイルの、ちょっとしたことなんかを呟きながら、いろんなことをみなさんにシェアしていけたらなぁ〜 と思っています。

さてさて…..本日のテーマになるのはタンカラーで は・ず・す です♪

タンカラー(ヌードカラー)って、なぜはずしの色になるかと言うと、肌の色もベージュでしょう?

だから、いきなり足元にタンカラーを取り入れても、すでにカラーコーディネートが完成されちゃってる!

ということなんですねぇ!

写真付きで説明していきますね

まずは、

ベージュのローファーを履いたエマ・ワトソン

こんなに素敵な女性になって〜

スウェットのグレーカーディガンと黒のパンツのコーディネートにベージュの靴をチョイスして抜け感を演出していますね〜。

それに、黒×ベージュのヒョウ柄のスカーフでセクシー感をプラス♪

彼女がもっとハイレベルなのは….

LOUIS VUITTONのバッグのトリミングのピンクとインナーTシャツのピンクを合わせ、ピンクと相性のいいターコイズカラーのピアスを、コーディネートにプラスアルファしてるところがスゴイ!

もしも….彼女が黒の靴をチョイスしてたら….

黒いヒョウ柄のスカーフが下品に見えちゃうことがあるかも……。

ベージュの靴が、トラッドの堅さと黒のパンツの強さとボーイッシュなショートヘア、ヒョウ柄、全てを女っぽく引き戻してくれる役割をしてるとおもいませんか〜?♪

そして

ベージュゴールドのトングを履いたアン・ハサウェイ

赤・白・黒っていう強い色合わせのコーディネートですが、足元をヌードカラーにすることによって、ソフトなムードになってませんか?

都会的なムードにもなってますよね。

彼女がすごいところは、ちっちゃなところにこだわりがあって….

よくみると(虫眼鏡を使いました〜♪)バッグの金具がシルバーで、サンダルがゴールド、これだけだとカラーバランスがとても悪い!

そこで、彼女が取った作戦とは….

ピアスの金具をシルバーをチョイス、指輪でゴールドをチョイス。

パチパチパチ〜♪

もし、彼女が黒の靴を選んでいたら….

CHANEL風になっていたかも。

完璧なカラーバランス、お洒落にみえる人ってこんなところに気を遣ってるんでしょうね〜。

タンカラーの靴をチョイスすることで、ちょっと垢抜けた女性になれる、そんな気がしてます。

街を歩いてても、視線を感じるそんな変化が起こるかも….(^^)